肥満体型の人は国内でも多くなっています

肥満体型の人は、国内でも多くなっています。肥満になると、体には様々な悪影響があるといいます。肥満というのは正常な状態に比べて体重が重い、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。肥満の程度というのはBMIという数値である程度判断することができます。もしもBMIを出した時に25以上になったなら、健康を阻害する恐れがあるため、肥満症を治療することが必要になってきます。どうして、肥満体型を放置しておくと体によくないのでしょうか。肥満は体のかさが脂肪のぷんだけ増えるため、毛細血管がより必要です。結果的に、体の隅々まで血液を運搬することが難しくなり、心臓はたくさん働かねばなりません。肥満は心臓に負担がかかると言われており、現に、心臓病になる可能性は、普通の人の1.5倍はあるといいます。歩く時は、膝には体重の2倍から3倍の重みがかかります。体重が重いほど負担が大きくなるわけで、肥満になると膝を痛める可能性があります。同時に腰にも負担がかなりかかるので要注意です。肥満による健康障害の一つに、睡眠時無呼吸症候群があります。全身に脂肪がつくため気道も狭くなり、寝ている間の呼吸が止まってしまうのです。肥満は、高血糖、高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかりやすくなるといいます。肥満体型が理由で、女性の疾患が悪化することもあるようです。卵巣にトラブルが起き、生理が起きにくくなったり、妊娠が困難になったり、子宮がんができたりもします。健康維持のためには、肥満の解消が必要になると考えていいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ