原料が動物の胎盤であるプラセンタ

原料が動物の胎盤であるプラセンタですが、どんな動物の胎盤が減量なのかによって違ってくるのがその品質です。今のところは、どの原料が良くて、どの原料が劣っているというのは分からないといいます。馬の胎盤か豚の胎盤が、今よく利用されているプラセンタの材料です。病気へのかかりやすさなどから、他にも牛や羊の胎盤からもプラセンタは作られるとはいえ、一般的なのは馬と豚だといいます。プラセンタの中でも馬の胎盤から抽出したものの特徴は、アミノ酸がたくさん含まれていることです。プラセンタの栄養源となるのがアミノ酸ですが、豚のプラセンタの300倍にもなるアミノ酸を含んでいるのが馬のプラセンタです。必須アミノ酸が6種類も馬のプラセンタには含まれており、これは豚には含まれていないものです。豚の妊娠期間の3倍にもなるのが馬の妊娠期間で、11カ月もあることが要因だそうです。サラブレッドのプラセンタは、原料として馬の中でも非常に優れています。育てるためにはかなりの技術が不可欠な馬であるサラブレッドは、血統が厳重に統制されています。数が限られてしまうのが、1年間に取れるサラブレッドの胎盤です。どうしても豚プラセンタと比べると、値段が高くなりがちなのが馬のプラセンタです。問題は金額の面ですが、馬の胎盤を原料にしたものをプラセンタのサプリメントを選択するときには検討することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ