体を引き締めて痩せたいという人は多い

体を引き締めて痩せたいという人は多いですが、ごろ寝体操という、横になった状態でできる体操があります。ごろ寝体操によって股関節や骨盤の開きや歪みを矯正することで、血流が改善しダイエットをしやすい体質になります。内臓をキープする筋肉が鍛えられますので、胃が正しい場所に収まり、食欲が適切にコントロールされてダイエット効果が期待できます。朝晩の2回、習慣にして体操をすることで、引き締め効果を得ることができます。体脂肪の燃焼と、筋肉増強を同時並行で行うために、健康や美容にいいダイエットをすることができるでしょう。ごろ寝体操は、肩や腰の凝りを解消し、頭痛を緩和するなど、様々な健康効果が得られる運動です。体を引き締めるためには、1日2回、朝と晩に忘れずにごろ寝体操を行います。ごろ寝体操の方法はとてもシンプルです。まずあお向けに寝て、足を肩幅まで開いた状態で右足を10㎝持ち上げます。上げたほうの足首をそらしたまま、床と平行にして1秒そのままにします。手前側に足首をしっかりそらしましょう。両方の足を7回ずつ行ってください。別のパターンのごろ寝体操では、あお向けに寝て片足を1秒上げます。足は肩幅にひらき、上げる足は高く斜め上を目指します。大事なことは、足を思い切り高くすることです。簡単な内容で、誰でもできる簡単な運動なので、引き締めダイエットをしたいという人にはぴったりの方法です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ